ジュエリー豆知識

よく耳にするけど「詳しい意味を知らない言葉」、ってありますよね。
今回はジュエリーにまつわるそんな言葉をいくつかご紹介します。

まずは「カラット」。 宝石の大きさを表す単位というイメージがあると思いますが、
実際には宝石の質量を表す単位で、1カラット=0.2gです。
同じカラット数でもカットの仕方や不純物の含有量などで大きさは変わってきます。
ちなみに1カラットを超えるダイヤモンドは1年でとれるダイヤモンドの
わずか100万分の1と言われており、大変貴重なものです。

次に「18K」や「24K」。 これは金の純度のことで、
「24K」とは99.99%混じりけのない純金のこと。
一方「18K」は75%の金が含まれているもの。
よく耳にするのは「18K」の方ですよね。
なぜかというと、金は純度が高いほど柔らかいため、
24Kはアクセサリーを作るには柔らかすぎて不向きなのです。
また、日本人が好む色あい的にもキラッキラの金色より
18Kが好まれるということも理由の一つです。

少し長くなりましたがいかがでしたか?
ちょっとした豆知識、「へえ、」と思って頂けたら幸いです。笑

1706

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation