Category Archives: スタッフ日記

13周年

先日11月27日は、現店主が先代からお店を継ぎ
13周年の記念日でした。

今年8月に先代が「貴金属加工山本」を創業後40周年を
迎えたと当ブログでお伝えした際にも記した通り、
ギャラリースペースの提供、結婚式スペースとしての提供、喫茶サービスの提供、、、

そして今回は13周年記念としてタロット占いイベントの開催。
相変わらず次々と新しい試みに挑戦し続けている店主です。

ちなみに、、、11月の誕生石は『トパーズ』です。
チャンスを引き寄せる石とも言われていおり、
石言葉は 友情、希望、誠実。

人との繋がりを大切に、前へ前へ。
そんな『ジュエリー工房yamamoto』のイメージに
ピッタリな石ではないかなと、、、
手前味噌で恐縮ですが(すみません!)、そう感じました。

14年目も、よろしくお願いいたします。

Pocket

七五三

すっかり冷え込んで秋めいてきましたね。
気づけば今年もあとすこし、、、

個人的なことですが、私には2歳の娘がおりまして、
もうじき七五三のお参りに出かける予定です。
娘は着物を着て行く予定ですが
母親の服装、悩みます、、、、

ブラックフォーマルを選びがちですが
お祝いには華やかさが足りないのでコサージュをプラスしたり、
カラーフォーマルやセットアップスーツ、ワンピースにジャケット
などが適しているそうです。

ではジュエリーは?

やはりフォーマルなシーンにぴったりなパールが
スタンダードなようです。
ただ、そうでなくてはマナー違反、というわけではないそうなので
ワンポイントのダイヤのネックレスなども素敵ですよね。

こどもが主役なので派手すぎず、
とはいえお祝いなので地味になりすぎず、
という絶妙な塩梅でチョイスする必要があるようです。

うーん、やはり悩みます。

Pocket

ちいさな結婚式

先日、当店でちいさな結婚式がとりおこなわれました。
2018年1月に店舗をリニューアル。広くなった店舗スペースを活用し、
『JKY WEDDING』ーーー新しいサービスがスタートしました。

近年は入籍するカップルの約半数が挙式や披露宴を行なわないそうです。
また、婚約指輪も4組に1組は用意しない時代なんだとか。
金銭的なことや、必要を感じない、、、など、理由は様々。

それぞれの考え方があり、これが正解、ということではないかと思いますが、
店主の思いとしては、
「結婚式は小さくても良い、やるべき」であると。
今回の結婚式を通して、お2人やご両親、みなさんの笑顔を見て…
より強く、確信したそうです。

当店での結婚式は
当店で婚約指輪をご依頼いただいた方限定となりますが、
ご予算の相談はもちろん、内容も自由。
諸々の持ち込み料も不要です。
必要に応じてヘアメイクや着付け、
カメラや司会者などの手配も可能です。

挙式自体、行うかどうか迷っている方や、
小規模なカジュアルスタイルで良い、とお考えの方は、
一度ご相談いただけたらと思います。

また、指輪に関しても同様に、
気軽にセミオーダーができる『JKYsmile』をはじめ、
ご予算にあわせてのご提案をいたしますので、
ぜひお気軽にお問い合わせください。

Pocket

オリンピック

冬季オリンピックが開幕しましたね。
4年に一度の祭典、ワクワクします。

ところで、あのメダルは本当に金でできているのか?
ジュエリー店勤務の身としては気になるトコロ。

実は、オリンピックのメダルには規定があるそうです。

1位及び2位のメダルは銀製で、少なくとも純度1000分の925であるものでなければならない。
また、1位のメダルは少なくとも6グラムの純金で金張り(またはメッキ)が施されていなければならない。

…と、あります。…え!?
金メダルは銀製だったんですね…。これにはビックリ。
ちょっと下世話な話ですが単純な原価で言うと
●金メダルの原価:4〜5万円
●銀メダルの原価:2万円
●銅メダルの原価:300円
くらいなんだそうです。
純金で用意する、なんてことになれば開催国に負担がかかりすぎるので
こういった規定のようです。

とはいえ、原価なんて実際の所メダルの価値に関係ないことは
明々白々ですね。

日本の活躍を楽しみにしています!
がんばれ日本!!

1802

Pocket

2018年

2018年、新たな1年がスタートしました。

さて、新年最初のsmileブログ更新という事で、
何を書こうか…色々と考えたのですが、
ちょっといつもと趣向を変えて
個人的に最近読んだ漫画のお話です。

『七つ屋志のぶの宝石匣』二宮知子著

宝石・ジュエリーを題材にした作品は
ちょっと珍しい気がして読んでみました。
宝石の「気」を感じることができる主人公と
老舗高級ジュエリー店で働く男性とが織りなす人間ドラマ…
コメディタッチでありつつも
ぐっとひきこまれる展開の漫画です。

作中に様々な宝石・ジュエリーが登場するのですが、
作者の方は実際に短期間宝石の学校へ通って知識を得られたようです。
きちんとした知識、裏付けがあるからこそ、
漫画が面白くなるのだな、と感じました。

私の2018年も、
興味をひく様々な事にアンテナを張って、
自分の仕事に活かしていく…。
ということを抱負にしようかな?
ちょっとハードル高いかな?笑
…と、迷いつつも、何はともあれ
今年もよろしくお願い致します。

1801

Pocket

4周年

2013年11月6日、JKY Smile はスタートしました。
他でもない11月6日に、どうしてもスタートさせたかったという
店主の思い入れの詰まったオリジナルラインです。
(理由は秘密…だそうです!)
それから早くも4年が経ちました。
4年、長いようであっという間ですね。

ところで、先日ニュースで
「若いダイヤモンド」が発見されたと目にしました。
簡単に言うと、今までダイヤモンドは
29億5000万年前に生成されたと考えられていたのが、
11億5000万年前に生成された物も存在しているという事が
わかった、ということのようです。
これはダイヤモンドの流通にすぐに影響のある事ではないようですが、
11億5000万年も前のものに「若い」と名がつく事に
少し気が遠くなる思いがしました…。笑
私たちの1日、1ヶ月、1年はダイヤモンドからすると
瞬きにも満たない一瞬の出来事なんだな、なんて思ってみたり…。

過ぎ去ればあっという間の日々、でも、だからこそ、
1日1日を大切に進んでいきたいですね。
「JKY Smile」を、これからもよろしくお願い致します。

1711
Pocket

突然の雨とジュエリー

こんにちは。
ここ数日、ずいぶんと涼しくなりましたね。
いかがお過ごしでしょうか。

近頃は突然の大雨が多いですね。
急な雨にふられてぬれてしまったジュエリー、
お手入れはされていますか?
ぬるま湯でやさしく洗って、
やわらかい布でふきとってしっかり乾燥させましょう。
仕上げにセーム革で磨くとピカピカになりますよ。
(水洗いがNGの宝石もありますのでご注意を!)

この時期は汗や皮脂も多く、汚れが気になると思います。
そんな時は、当店までクリーニングにおこしください。
当店でおつくりしたジュエリーなら
いつでもピカピカにクリーニングします。
さっぱりと気分も一新しますよ♫

1709

Pocket

ジュエリーへの憧れ

昭和の終わり頃、「宝石箱」という名前のアイスが発売され
人気を博した事をご存知でしょうか?
簡単にいうとバニラアイスの中に色のついた氷粒がちりばめられたアイスです。
白いなめらかなアイスにカラフルなキラキラのカケラ、
そしてなんといっても「宝石箱」というネーミング…
幼い女の子の心を鷲掴みにするに違いない、そう思いませんか?

…と長々と書いてしまいましたが、何が言いたいのかと申しますと!
幼心に抱く「宝石」「ジュエリー」に対するの憧れの強さ、です。

いつかキレイなお姉さんになって
キラキラしたネックレスやイヤリングをつけたい…
誰しもがそうした憧れを抱き、やがて大人になり、
初めて首に、耳元に、そして指に、ジュエリーを身につける瞬間があるはず。

JKY Smileは、そんな「初めてのジュエリー」にもおススメです。
お母様からから娘さんへ…おばあさまからお孫さんへ…。大切な恋人に…。
特別なオーダージュエリーを、贈り物にいかがですか?

1708

Pocket

ジュエリー豆知識2 〜宝石の和名〜

毎日蒸し暑い日が続きますね。
いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は、タイトルの通りですが
宝石にも和名があるということ、ご存知でしょうか?

●ダイアモンド…金剛石(こんごうせき)
●ルビー…紅玉(こうぎょく)
●サファイア…蒼玉(へきぎょく)
●エメラルド…翠玉(すいぎょく)
●ラピスラズリ…瑠璃(るり)

などなど。
なるほど、宝石のイメージにピッタリの響きを持っていますよね。

和名にするとどこか艶かしいような、
なんだかあやしげな雰囲気をまとったようで
個人的にとても心惹かれるものがあります。

ご自身の誕生石の和名は何か、気になりませんか?

ちなみに私は3月生まれ。
●アクアマリン…水宝玉(すいほうぎょく)
でした。

よろしかったら調べてみてくださいね♪♪♪

1707

Pocket

ジュエリー豆知識

よく耳にするけど「詳しい意味を知らない言葉」、ってありますよね。
今回はジュエリーにまつわるそんな言葉をいくつかご紹介します。

まずは「カラット」。 宝石の大きさを表す単位というイメージがあると思いますが、
実際には宝石の質量を表す単位で、1カラット=0.2gです。
同じカラット数でもカットの仕方や不純物の含有量などで大きさは変わってきます。
ちなみに1カラットを超えるダイヤモンドは1年でとれるダイヤモンドの
わずか100万分の1と言われており、大変貴重なものです。

次に「18K」や「24K」。 これは金の純度のことで、
「24K」とは99.99%混じりけのない純金のこと。
一方「18K」は75%の金が含まれているもの。
よく耳にするのは「18K」の方ですよね。
なぜかというと、金は純度が高いほど柔らかいため、
24Kはアクセサリーを作るには柔らかすぎて不向きなのです。
また、日本人が好む色あい的にもキラッキラの金色より
18Kが好まれるということも理由の一つです。

少し長くなりましたがいかがでしたか?
ちょっとした豆知識、「へえ、」と思って頂けたら幸いです。笑

1706

Pocket